熊野古道(馬越峠)

熊野古道(馬越峠)9

 今年2度目のツーリングは今まで何度も予定していた熊野古道(馬越峠)でした。今回は僕の体調が良く無くて軽めのトレッキングでとお願いしてあったのですが・・・・。今回はKTMで行くか10Rで行くか迷いましたが前日10Rに股がってみてまだ乗れない事を痛感。荷物もあるのでKTMに(こちらも相変わらず調子は悪いのですが)

 天気はばっちり。朝5時半過ぎに音羽蒲郡から高速へ。御在所SAで7時の待ち合わせでした。走っているときはさほど寒く無かったのですがSAの暖かい室内に入ったら急に寒くなって・・・・。で、いつものメンバー3人で御在所を7時半くらいに出発。高速は紀勢自動車道を途中で降りて42号で尾鷲までただひたすら走ります。

道の駅「海山」の駐車場にバイクは停めて出発。10時半くらいだったかな。
熊野古道(馬越)2
熊野古道(馬越峠)1

 登り口の手前にも駐車場はあります。
熊野古道(馬越峠)3
 
 最初から石畳!けっこう急だったりします。軽いトレッキングと思ったら大違いでした(爆)靴が良く無くて足の裏が痛くなってしまいました。
熊野古道(馬越峠)14
 
熊野古道(馬越峠)15

 途中に「夜泣き地蔵」などがありました。天気はよいのに余り陽がさしてきませんが大汗かきました。途中にエッチな木を発見(笑)
熊野古道(馬越峠)4

 馬越峠には1時間くらいかかりました。行き交う人も少なく峠に着いたら10名ほど休憩してました。
熊野古道(馬越峠)5

 ここから尾鷲の港が見えます。僕らはもう少し登って天狗倉山頂上(522m)をめざします。
熊野古道(馬越峠)11

またも急な坂道で幅の高めな階段を上ります(これがけっこうキツかった)。途中視界が開けてこんな景色が見られます。
熊野古道(馬越峠)8

 ここからの方が尾鷲湾はよく見えます。そして頂上に。大きな岩なのですが登る為にハシゴが描けてあります。ちょっと恐かった。
熊野古道(馬越峠)10
 
 ここで少し休憩して下ります。しかしここからが大変でした。前回の田立の時も下りで足を痛めたので気をつけていたのですが今回もキツかった。
熊野古道(馬越峠)12

 途中にここの常連のおじいさん(もう7000回くらい登っているそうです)と話したり。今日も2度目らしい。とにかく無事に降りられましたが足の方はもうボロボロ。お腹も減ったので道の駅「紀伊長島マンボウ」で遅い昼食。ここで今日捕れた魚で作ったねぎとろ丼(時価)¥700を。また写真撮るの忘れましたが美味しかったです。
熊野古道(馬越峠)13

 42号からは余り海も見えなかったので国道260号で志摩方面へ向かう事に
熊野古道(馬越峠)14

 しかしもう4時近くで陽もかなり落ちてきてました。海をバックに写真を撮ろうと思っていたのですがいい所が無く断念。勢和多気のインターに着いたのが5時過ぎ。足はつるしバイクもなぜか吹け上がらなくて散々(笑)四日市で渋滞に巻き込まれながら解散となりました。自宅に着いたのが8時くらい。走行距離は500キロ。身体は何とか保ちましたが今日起きたら膝はガクガクで痛いので湿布貼ってます。ちょっとひどくなったかも・・・・・。でもツーリングは久しぶりで楽しかったし皆無事で帰れたので次回をまた楽しみにしてます。
(今日のジムはかなりヘヴィだと思います〜膝いたぁ〜い)


 あ!今「日本ツインテール協会」(http://twintail-japan.com/)から日本ツインテール協会と共にツインテールの「虹=2次」を描こう。の賞品が届きました。Tシャツだけどめちゃ嬉しい。
ツインテールシャツ

スポンサーサイト

田立の滝

田立の滝00


 今週は熊野古道のはず・・・でしたが名阪集中工事のため行き先変更があったのは6月4日・・
田立の滝です。南木曽です。以前は中津川に住んでいたのでここにはよく来てました。
今回のメンバーはいつものS&I先輩です。中津川の元越で10時に集合。前日の天気予報で朝方雨という事で遅めに。しかし天気は我々に味方してくれました。僕以外・・・・。今回は257号を北上して岩村から363号で根の上経由で中津川入り。早めに着いたので朝マックしたのが9時過ぎ。半過ぎには元越到着でした。ここのコンビニで昼食を購入。ここからは19号を北上して案内版を観ながら駐車場まで25分くらい。
 
田立の滝001
駐車場は20年前よりは整備されててトイレもありました。天気もまぁまぁでジャケットは置いてさぁ出発。 環境整備費¥200を寄付してね。
田立の滝02
 初めからちょっと勾配のある山道を登って行きます。登り始めは渓流沿いでこんな景色
田立の滝03
昔と比べ整備されてはいますが相変わらず崖っぷちを歩きます。
田立の滝04
かなり登って(パンフには40分)最初に拝める滝〜螺旋滝。ここは本道から外れかなり下ります。結構急坂です。
田立の滝05
 ここから滝が続きます。いつもより汗だくになって歩きます。きついんだもん。
田立の滝06
やはり靴は登山靴がいいですね。今回僕はスニーカー(爆)
そしてメインの滝が続きます。まずは霧ヶ滝
田立の滝07
田立の滝08

 涼しいです。そして一枚岩の天河滝。一番大きい滝です。
田立の滝09
田立の滝010
この滝は上に上がって下を拝めます。(通り道なので)写真は岩の上(高所恐怖症なので下は覗かず)
田立の滝011
 
 そろそろお腹も空いたので龍ヶ瀬へ。吊り橋を二つほど繋いで歩いていくとこんな景色に。ここはなだらかな岩が続くので本道を外れて岩を登って行けます。
吊り橋
龍ヶ瀬

全体はこんな感じ
田立の滝014
ここでランチ&休憩。もうかなり身体の方はガタがきてます(泣)
田立の滝015
こんな始末
田立の滝016

 ここからまた一仕事。不動岩展望台まで一気に登ります。とてもキツかった(泣)上まで行くと林道に出てそこを進んで行くと天然公園があるのですが・・・遠いから行きません(20年前に行った時は何もありませんでしたが)5分ほど歩くと途中に素堀りのトンネルがあるのですが説明文を見たら昭和初期にあった林間鉄道の為に掘られたとのこと。
田立の滝017
かなり荒っぽい感じですがまだ残っているのが凄い。でも展望台から林道に入ったすぐ側にトイレが合ったのには驚きました。

 で、後は下るのみ。展望台をチラ見して(僕は観ません)
田立の滝018a

 やはり下りの方がキツかった。途中に雨が降ってきましたが木に囲まれているのでさほど濡れずにいられました。20年前は近場でもあり何度も写真やビデオを撮りにきてた所ですが・・もう身体が言う事を利きません。膝は笑うしもうフラフラで下山。こんなに距離があったとは思いませんでした。
でも、いい所です。体力勝負な所もありますが難しく無いしちょっと恐い所もありますがお勧めです。ゆっくり回っても3時間くらいで戻ってこられるし。

田立の滝018
お疲れさまです。

 で、僕は恵那から257号で帰ります。設楽からまた作手に抜けたのですがKTMの使い方がようやく理解出来た気が。コーナーを低速でノッキングせずに走るにはやはり回転を落とさないように早めのギアチェンが必要な事は判っているのですがスピードに気をとられてギクシャクしてたのです。でも今日は空荷のダンプの後に付いて(このダンプがまた早くて)低速で2〜3速でワインディングを走ったのですが2〜30キロでも充分面白かった。〜のでくらがりで攻めたら楽しかった。ニンジャに比べれば遅いけれどそんなの関係ないですね。ギア比を低速寄りにしてるので6速で75キロくらいが一番楽なのです(そのため高速走行が伸びなくて辛い)。回転数はほぼ3000rpmくらいがいい。燃費もここが一番上がる。今日はリッター24くらいいってた。早く走る事よりもスムーズに攻める練習をしようと思いました。やはりKTMはじゃじゃ馬だと改めて痛感した次第。手荒くした方が楽しめるってこと(笑)
田立の滝019

くらがり渓谷

くらがり1 
 映画へ行くつもりでしたが天気もよく暖かかったのでそろそろ紅葉してないかとくらがり渓谷へ。まだ作手に抜ける道は通行止めですが今回はウォーキングに来たのですから関係ないっと。

くらがり5 
 駐車場から山頂見ると紅葉もちらほら。でも駐車場周りが一番紅葉してました(爆)

くらがり2
 10Rはガラガラの駐車場で留守番です。

 くらがり3

 いつも駐車場から渓谷入り口のもみじは綺麗なんですよね。で、今はくらがり渓谷紅葉まつりの最中で入り口の事務所でスタンプラリーの用紙をもらって出発。ショートコースなら距離にして1.4キロくらいだから往復1時間かからないのです。くらがりというくらいですから余り日差しが入らず日が当たっているもみじは綺麗ですが数も少なめで写真撮るポイントはいつも同じ(爆)
 くらがり4

 人出は少なくゆったりウォーキングできます。小さなお子さんでも大丈夫です。同じ道をピストンする訳ですが帰りはちょっと視線を変えて上を見上げながら歩きました。一番最初の写真は頭上に見えたもみじ。あれが一番綺麗でした。スタンプラリーの景品はライト付きペンでした。時間も早かったのでちょっとワインディングを楽しみに334号へ。そろそろニンジャのタイヤも換え時かなぁ。でも先立つものは無し(泣)
プロフィール

うっきー

  • Author:うっきー
  • いつもねむたいのです。早く寝ましょう。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター